次期開催の
お知らせ登録

次期開催のお知らせ登録

自走できるAI人材になるための6ヶ月長期コース

6 month long seminar

AIをあなたの手の中に

自走できるAI人材になるための6ヶ月長期コースとは?

JDLA E資格認定!基礎から実践まで6ヶ月長期コース

自走できるAI人材に必要なスキル

数学

プログラミング

環境構築

データ整理術

データベース

アプリケーション開発

本気で取り組む
6ヶ月

あなたの人生が
大きく変わる

実務では、機械学習の実装だけではなく、
データの収集や整理からアプリケーションに組み込むまでの一連の流れが必要になります。
一般的なセミナーでは、機械学習の実装にフォーカスされがちですが、
本セミナーでは、実務に必要な全行程を網羅したカリキュラムとなっております。

数学やプログラミングの基礎から発展的な内容までお伝えし、
最終的には、最新のクラウド技術を用いてWeb上にアプリケーションを公開するところまでを行います。

本セミナーが選ばれる理由

1

日本ディープラーニング協会E資格認定講座

日本ディープラーニング協会(JDLA)が提供するエンジニア向け「E資格」の認定講座となっております。

2

第四次産業革命スキル習得講座・専門実践教育訓練給付制度認定

経済産業大臣が認定する「第四次産業革命スキル習得講座」の認定講座、厚生労働省指定の「教育訓練支援給付金」の対象講座となっており、最大70%の補助が出ます。「指定講座に必要な講座内容、目標等の明示書」はこちら

3

アプリケーション作成までの一貫の流れを習得

一般的な研修によくある機械学習のモデル構築だけでなく、アプリケーション作成までを行う実践的な講座となっております。

習得可能スキル

問題解決能力

様々な演習問題を数多くこなしたり、講師が問題解決していく過程を見ることで、エラー解決力や問題対応力を磨くことができます。

現場で使える実装力

画像処理や時系列解析をはじめとした実問題における様々な課題へのデータ解析力を身につけることで、従来の機械学習の手法から最新のディープラーニングを用いた実装力を身につけることができます。

受講後の自走力

顧客のローン審査を判定するアプリケーションや、オリジナルアプリケーションを作成していく過程で、数多くの試行錯誤を経ることで、セミナー受講後も1人で自走できる力が身につきます。

このような方にオススメ

ものづくりが好きで、AIを組み込んだアプリケーションを作成したい方

データサイエンススキルを身に付け、市場価値を高めることで転職を有利に進めたい方

多種多様なスキルを持った方々とディスカッションすることで、モチベーションを高めていきたい方

キカガクマガジンを購読する

AIの最新情報が1分で読めるメールマガジンを毎週お届けします。

6ヶ月間の流れ

インプット期間(3ヶ月)

データの収集・整理から始まり、モデルの構築、アプリケーション作成までの一連の流れを講義+演習形式で繰り返し学んでいく期間です。理解度を深めるための宿題を毎週こなしながらAI人材として必要なスキルを習得していきます。

アウトプット期間(3ヶ月)

受講生オリジナルのアプリケーションを作成していく期間です。企画や技術選定から始まり、アプリケーションに落とし込むところまでを実装します。経験豊富なメンター陣とともに進めていくことで、受講後に1人でもやり抜く力を身に付けることができます。

カリキュラム

事前学習

基礎
1〜4週

応用
5〜9週

実践
10〜12週

自走
13〜24週

補修学習

機械学習の基礎

重回帰分析

PLS

グリッドサーチ

クロスバリデーション

SVR
(Support Vector Regression)

Lasso

Gaussian Processes
(ガウス過程)

深層学習の基礎

chainerでワインの分類

chainerで家賃の回帰

webスクレイピング

Seleniumの基礎

Google検索を自動実行

サイトにアクセス・
スクレイピング

アプリ作成①

HTML, CSS, JavaScriptの基礎

Flask, Herokでデプロイ

Pythonのプログラミングや機械学習の数学・モデル構築、webスクレイピングなど広く浅く一通り学びます。4週間を通してアプリケーション作成の全体像を把握することができます。

環境構築

Dockerの基礎

コンテナの作成

サーバー連携

Docker-compose

解析環境とDBの連携

FlaskとNginxによるAPIサーバー作成

深層学習の応用

時系列・自然言語処理

RNNの基礎

LSTMを用いた株価の予測

テキストの前処理

文書分類

画像処理

画像処理の基礎

CNNを用いた画像分類

ファインチューニング

データオーギュメンテーション

アプリ作成②

機械学習を用いた顧客ローン審査アプリ

Djangoの基礎

学習済みモデルを使用して推論を実装

PythonAnywhereでデプロイ

サーバーの環境構築や、ディープラーニングの応用である画像処理・時系列解析、また整っていないデータに対する整理術など発展的な知識を学んでいくことで、1ランク上のスキル習得を目指します。

画像分類アプリ開発

1. 必要な機能の洗い出し

User目線での必要な機能の洗い出し

2. UIをワイヤーフレームに起こす

大枠のデザインの書き出し

3. データ収集

スクレイピングでデータの収集を実行

4. ラベル付け

収集したデータに対してラベル付け

5. モデル構築

Chainerを用いての画像分類のモデル構築

モデルの最適化

6. Webアプリ

Flask/Djangoを用いてのWebアプリ作成

デザインのブラッシュアップ

Azureを用いたデプロイ

10~12週は演習形式で進んでいきます。「画像分類アプリ作成」という課題に対し、受講生同士でチームを組み、これまでに学んだ知識を生かしながら協力して取り組みます。データ収集からアプリケーション作成までの一連の流れを試行錯誤しながら進めていくことで、前半3ヶ月のまとめとしてスキルの定着を図ります。

オリジナルアプリ開発

1. 企画

プロダクト機能

ボトルネックと解決策

スケジュール

2. データ収集

データセット作成

3. モデル構築

様々な手法を用いて試行錯誤

精度向上のためのモデル・データ改善

4. アプリ作成

アプリケーションへの落とし込み

必要な機能の追加

過去受講生のプロダクト例

魚の毒判定アプリ

社員のコンピテンシー評価予測

SNSバズ分析アプリ

動画生成アプリ

異常検知アプリ

画像スタイル変換アプリ

記事自動要約アプリ

農作物の病気診断

卸売業の受発注予測

シフト表の自動スケジュール化アプリ

※完成したもの、作成中のものが含まれております

後半3ヶ月間をかけて、オリジナルプロダクトの作成に取り組みます。プロダクト案の企画から行い、講師のメンタリングを踏まえて方向性を決め、データ収集、解析、アプリケーション実装まで全て一人で行っていきます。途中のメンタリングで軌道修正をしたり、中間発表で受講生同士情報共有をすることでモチベーション高めながら進めていきます。

セミナーについて

経験豊富な講師陣

取締役副社長
今西 航平

大学時代から塾講師として「教育」という道を歩み、教えることに夢中になるくらい、教えることが好きで自信を持っています。多くの方々に、ゴール逆算で考え抜いた実践的なカリキュラムを体感していただきたいです!

講師
西沢 衛

ハンズオンセミナーを含め、初学者目線と実務に繋がる力を意識し、幅広い領域を担当しています。人はやればできると信じています。キカガクのセミナーを通して「AI」という広く深い世界への一歩目を踏み出しましょう!

講師
酒井 健三郎

短期セミナーや数学周りのセミナーを担当しています。教える上で最も大切にしていることは「初学者目線」です。効率よく最短距離で学べるよう、相手が持つ前提知識をしっかりと把握し教えることを大切にしています。

講師
祖父江 誠人

ディープラーニングハンズオンセミナーで講師を担当しています。セミナーを通じて人生を大きく変えられることができれば嬉しいです。「楽しく学ぶ!」をモットーに楽しく学んで頂ける講義にいたします!お任せください。

開催スケジュール

土曜コースと日曜コースのどちらかお選びいただけます。

開催地域

コース

開催期間

詳細情報

  • 神田

    土曜コース(2019年)

    11月2日 - 5月9日

  • 神田

    日曜コース(2019年)

    11月3日 - 5月10日

アクセス

東京都千代田区内神田3-2-9 SPビル 4階

山手線 神田駅 徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線 大手町駅 徒歩11分
総武本線 新日本橋駅 徒歩8分

※説明会時に土日の希望はお聞きしますが、必ず希望が叶うかは定かではないため、ご了承ください。

説明会日程

長期コースへのお申し込みは説明会への参加が必須です。

9月10日(火)
(満席)

9月12日(木)
(満席)

9月15日(日)
(満席)

9月17日(火)
(満席)


長期コース第4期の無料説明会は定員に達したため、申込を締め切りました。
多数お申し込みいただき、誠にありがとうございます。

受講料金

長期コース

料金

720,000円 (税別)

備考

お申し込みの流れ
説明会参加→入校テスト→受講者発表→受講開始
※入校テストとは事前のテストにおいて知識を問うものはありません。 内容としては、「タイピングスピード」と「機械学習の知識をどのように活かしたいか」などの簡単なヒアリングを行うのみです。

E資格受験プランの流れ

  • ①以下のお問い合わせフォームよりお申し込みください。
  • ②事前学習の後、3日間のセミナーをご受講ください。
  • ③セミナー受講後、補講動画をご視聴ください。
  • ④補講動画を修了されましたら、ご自身でE資格にお申し込みください。

※大変恐れ入りますが、補講動画についての質問は原則として受付できませんので、ご了承ください。

専門実践教育訓練給付金制度
経済産業大臣が認定した教育訓練講座のうち、厚生労働省が定める一定の要件を満たし、
厚生労働大臣の指定を受けたものは、「教育訓練給付制度(専門実践教育訓練)」の対象講座となります。
詳しくはこちらの資料をご覧ください。

受講生の声

VOICE 1

VOICE 2

VOICE 3

小松 博 さま

このセミナーを受講した方

30代

経営者

デジタル
マーケティング職

Udemyの講義を受け、対話形式の授業スタイルが良かったことをきっかけに受講を決めました。
昨年から機械学習の勉強を始めて、スクールに通っていました。前のスクールは初心者向けと言いつつ、入ってみたら機械学習の経験者向けの内容であり、授業は一方的に進むスタイルでした。なかなかハードルが高くて、正直消化不良で終わってしまっていました。

また、他の受講者の方は既に仕事で機械学習をやっている方が多く、レベル差があるなと感じ、なかなか質問がしづらい環境でした。
今、その当時のノートを見返すと以前まで全く理解できていなかったことが、理解できるようになっています。これまでわからないままにしていたことがわかるようになって嬉しいです。

もっと読む

水上 哲さま

このセミナーを受講した方

30代

化学メーカー

エンジニア

キカガクのセミナーが手書きでわかりやすいと定評があり、最初は「システム自動化セミナー」という短期セミナーを受講することに決めました。短期セミナーも非常に良かったのですが、通学形式の方が自分には合っているなと思っていた矢先、長期コースを紹介していただきました。機械学習を学ぶのに必要なスキルを一貫して学べるのが良いと感じ、受講に至りました。
長期コース受講中は、周りの受講者の方とコミュニケーションを取りながら、インプットやアウトプットを繰り返していきました。

周りの方とは、講義後に飲みに行くほど仲良くなりました。ハンズオン形式で試行錯誤しながら講義を進めていくので、機械学習スキルだけではなく、DockerやNginxといった難しく感じてしまう技術の重要性も理解することができました。
長期コースを終え、Rubyなど別の言語も自力で学べるようになりました。これからも長期コースで学んだことを活かし、色々なスキルを身につけていきたいです。
長期コースは機械学習で作りたいものがある人には間違いなく満足するコースだとオススメできます!

もっと読む

松尾 斉利さま

このセミナーを受講した方

30代

アプリケーション
エンジニア

自ら作成したいプロダクトはありましたが、実際に作っていく中で上手く行かず、作りたいプロダクトを実現するために長期コースを受講しようと考えました。
機械学習の知識は多少ありましたが、1人で1から機械学習のWebサービスを作成することは経験が無かったので、非常に勉強になりました。実際に作り始めてみると、意外と簡単に実装できるんだなという発見もありました。
プロダクト作成期間では、一緒に取り組む仲間がいて、落ち着いた環境の中、集中して取り組むことができています。また、分からないことがあれば講師の方に質問できるので助かっています。

周りにはプログラミングを全くやったことのない方々もいました。そのような方々であっても、アプリを作り終えることができており、初学者でもできるのかと驚きでした。
ほしいプロダクトを作ることができる力は、エンジニアとしてこれからキャリアを歩んでいく上で、必ず役に立つと考えています。長期コースはプロダクト作成力を磨くには最適な講座です。

もっと読む

次期開催のお知らせ登録

はじめに「次期開催のお知らせ登録」か「長期コースに関するお問い合わせ」のどちらかを選択してください。
次期開催のお知らせ登録
長期コースに関するお問い合わせ
お名前
必須
お名前(ふりがな)
必須
電話番号
必須
メールアドレス
必須
お問い合わせ内容
必須

プライバシーポリシーはこちら